腎臓は働きが弱くなったときは食事療法とクレアギニンEXの合せ技です

腎臓は働きが弱くなると病状が進んで腎不全といわれる状態になります。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、長い期間を経て腎臓の働きがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全は、状態に応じた治療を実行し病状悪化の元を探り除去することにより、腎臓の機能が回復する可能性があります。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴ってゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。クレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、加工していない生の野菜や果物よりも多量のカリウムが含まれています。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、いつもクレアギニンEXを飲んでいると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、日頃から健康診断を怠らないようにし、治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで健康な人と同じように生活することが可能なのです。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自覚症状が出ないものもあるため、常に油断しないようにすることです。たとえば、いつ持とは違う尿が出た場合は、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。食品に含まれている蛋白の量についてはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。これらのご飯療法については、栄養士からのご飯指導で具体的に応用したご飯を造ることも可能です。仮に開業医さんにご飯指導を受け付けてもらえなかったら、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。腎臓の機能に異常が顕れた時は、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、病態の回復までとはいかずとも、遅延も見込めます。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかそれぞれに応じた治療法も加わり、個々の状態と環境にマッチした治療を見つけることが可能なのです。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、ご飯のメニューはどのようにしたらよいか、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。たとえば低たんぱくご飯療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することが可能です。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿をつくり機能としては体の中の不要な老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を造る働きをしたり、私たちの体にとって大切な働きをしています。 腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大切です。腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれが数多く存在している場所でもあるのです。腎臓におけるメインの働きは、たんぱく質の代謝によって発生した血液中の老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)や毒素を尿中に排泄します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、また、赤血球をつくり出すホルモンや血圧なども調整し、骨の代謝に関わるホルモンを造るなどの我々の体にとって大切な働きをしている為す。CKDの治療において薬物治療とご飯療法は重要で、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。そのためのご飯療法はクレアギニンEX・蛋白制限がメインとなり、高血圧治療を容易にするにはクレアギニンEX食がふさわしく、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3の場合、理想とされているのがクレアギニンEXが一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施するのが難しい方持たくさん見られます。食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります。食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。加工品や塩蔵品をさけて、できるだけクレアギニンEXを摂りましょう。料理には天然のだしで味付けしてみましょう。食材の味を楽し向ことが可能です。たんぱく質が多く含まれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。具体的な使い方については、管理栄養士に相談してちょーだい。
もっと詳しく⇒クレアギニンEX口コミ