高カリウム血症の場合も食事は宅配食が便利です

腎臓病のうち高カリウム血症については、腎機能の修復が難しいので、大抵は体内のカリウムを排泄するはたらきが低下していき、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、カリウム摂取を減らす必要があります。野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生の野菜や果物とくらべてカリウム含有量は極めて高いものが多いです。その影響で、腎機能が低下している患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。腎臓ははたらきが弱くなると病状が進んでいわゆる腎不全と言われる病態に移ります。その内、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、長い年月をかけて徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、腎臓の機能回復が期待できます。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行とともに徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。食塩制限は腎臓の負担を軽くします。食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。加工品や塩蔵品をさけて、なるべく生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用を御勧めします。天然の味をおいしく食べることも可能になります。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。たんぱく質の制限が必要な方に適した食品として「低たんぱく質食品」が市販されています。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談してちょうだい。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓は腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものが無数に存在するのです。この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血中のいらなくなったものを尿とともに排泄します。その他、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保つ、さらに、赤血球(成人の場合、体内に約20兆個ほどあります)を作るホルモンや血圧のバランスを整えたり、骨の組織に関係するホルモンを形成するなどの私立ちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能の低下を防いだり、遅らせたりすることが可能です。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、これまでの透析療法や移植とは別にそれぞれに応じた治療法も加わり、患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)自身の願望に沿った最新の治療が期待できます。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。腎臓は尿を創る臓器で背中に二つあって機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質の調整を行ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球(成人の場合、体内に約20兆個ほどあります)を生成したり、私立ちの体にとって大切なはたらきをしています。 腎臓病治療は当然病院でそれに応じた治療をうけることが望ましいですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、前向きにこれらの管理を行うことでCKDの悪化を抑制できます。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、いわゆる蛋白制限食は不味い、カロリーが取れないなどで、中々実践に踏み切れない方も多く存在します。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、あるいは感染などが要因で先天的なものに起因しないものまでさまざまですが、健康診断を習慣化し、日常的に規則正しい生活をつづけることにより健康な人と同じように生活することが可能です。けれども、ある腎臓病に関しては自覚症状が出ないものもあるため、常に油断しないようにすることです。場合によっては尿に病気のサインが出るので、ただちに病院で診察をうけましょう。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、食事のメニューはどのようにしたらよいか、それぞれにふさわしい食塩の減らし方などを教えます。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。現実に患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明りょうにします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。もし標準体重が60kgくらいであれば、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で調べてみたらよいでしょう。このような食事療法については、栄養士の指示で自分なりのアイデアを取り入れることもできるでしょう。開業医さんで食事指導をうけられないときは、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。おすすめサイト>>>>>高カリウム血症 食事 宅配