オルニチンは腎臓に効くのかな?

オルチニンサイクルというのは肝臓内で発生する機能で、アルコールの分解過程で、発生するアンモニアを解毒する作用もあるため、アルコールを効果的に処理する事ができます。オルチニンサプリを飲む目的がここにあるなら、もちろん、先にサプリを飲んでからお酒を飲みましょう。最低でも、完全に酔っ払ってしまう前に飲むべきです。その後は眠っている間にもアルコール処理が、素早くおこなわれます。肝臓という臓器は、70~80%近くが切り取られても、わずか半年で正常な状態に回復するほど再生力が高く、少々痛めつけられ立としても機能に問題が起きにくいという特長があります。一方で、肝臓が不調でも本人がなかなか気付けない場合が多いことから、症状が現れた時はとっても病状が進行した状態となっているケースも多くあり、これが肝臓の別名、【沈黙の臓器】の由来ともなっています。オルチニンサイクルの効果として、有毒なアンモニアが無毒な尿素に変換され、肝臓に余計な負担をかけることなく尿として体外に排出できます。ただオルチニンが不足して十分なオルチニンサイクルが起きず。有毒なアンモニアが増加してオルチニンの働きが追いつかなくなると、アンモニアの解毒処理に腎臓・肝臓も参加することとなります。シトルリンとアルギニンはどちらもアミノ酸の1種であり、サプリメントも人気があります。 オルニチンは成長ホルモン誘導体とも呼ばれ、他のアミノ酸とオルチニンが一緒のサプリに配合されることもあります。筋肉や筋力をアップさせたい、筋トレやエクササイズ(最近では、ゲームを使って楽しみながら行うこともできます)の好きな方にもオススメです。健康維持・健康増進だけでなく、スッキリした見た目を実現するために、サプリメントでオルチニンを飲むという女性も、ますます多くなっています。肝臓の中でおこなわれているのはオルチニンサイクルだけではなく、TCAサイクルと呼ばれるものもあります。これは、肝細胞内のミトコンドリアでおこなわれる代謝回路で、脂質、炭水化物、およびたんぱく質からATPを生成するものです。ATPは筋肉などを動かすエネルギーで、生命活動の維持には絶対必要なものです。アンモニアの機能は、このTCAサイクルを妨害することがわかっています。なんのためにオルニチンを摂るかは皆が同じとは限りません。でも、オルニチンの効果としてよく知られているのは、肝臓の機能を強化することで、体脂肪を燃焼させると言う事です。アルコールの飲み過ぎで、肝臓の数値の悪い方、肝臓の働きが弱っている方や、スッキリと痩せたい方などには、まさにうってつけの成分なのですね。オルチニンの主な効果は肝機能のサポートなので、アルコールの効率的な代謝や有害物質を排除する能力が高まります。そのため、悪酔いするのを防いだり、酔いが回るのを遅くしてくれるといった効果を期待する事ができます。もちろんオルチニンを摂取していても、調子に乗ってお酒を飲みすぎてしまうと、いままで以上に肝臓の数値を悪くしてしまうことになると思います。オルチニンの摂取量については、目安としては1日につき500mg~1000mg程度が良いとされています。もちろん500mgから1000mgというのはとってもの幅ですが、人には個体差があります。ひとそれぞれ身長も体重も違いますし、内臓の機能にも差があります。自分にはどれくらいが適性なのかは、日々少しずつ量を変えたりして、自分のちょうどの服用量などを見計らっていくのがいいですね。オルチニンは人間の体内では生成されませんから、外から取り入れなくてはなりません。ですが食物から必要十分な量を取り入れるには膨大な量の食事が必要になります。オルニチンサイクルを活性化させるのに必要なオルチニンの量は人によって違いますが、目安は1日あたり400mgくらいです。これをしじみにふくまれるオルチニンで摂るには、1000個以上のしじみが必要になります。アミノ酸の一種であるオルチニンには、肝機能をサポートする機能があります。本来アミノ酸というのは、タンパク質の基になる物質です。オルチニンは少し変わっていて、互いに結合しない体内の遊離アミノ酸が基になっています。遊離アミノ酸は血液の中にふくまれていて、身体の中をまんべんなく巡り、すべての臓器の機能を補助しています。適量のオルチニンを摂取すれば、肝臓を正常な状態に保ち、二日酔いや悪酔いを防いでくれる効果があるのです。あわせて読むとおすすめなサイト⇒オルニチンサプリ ランキング